PR書籍

商品検索
書籍カテゴリ
書籍一覧(発売年別)
トム・ウェンツに会いに、パリへ!
WAITS NEWS
2万部のベストセラー評伝『酔いどれ天使の唄』を生むきっかけとなった、
〈トム・トラバーツ・ブルース〉が毎週お茶の間に流れる!!


540万冊以上が愛読されている、山崎豊子氏の『不毛地帯』。
国民的小説が、フジテレビ開局50周年を記念してドラマ化。
毎週1000万人以上が視聴する社会派人間ドラマのエンディングに、
名曲中の名曲〈トム・トラバーツ・ブルース〉が流れ、話題だ。
出演中の原田芳雄氏も昔からウェイツ・ファンとして知られる。
09年10月から2010年3月 木曜日10時フジテレビ系列にて放送。

09年11月25日 最新ライヴ盤《グリッター&ドゥーム・ライヴ 》と
1万セット限定盤完売の3枚組《オーファンズ》が、
通常盤(ともにソニー)として同時にリリース。
さらに〈トム・トラバーツ・ブルース〉を含む、
全曲リマスタリングがほどこされた
ベスト盤《ユーズド・ソングス1973-1980》も
ワーナーから同じ日に再発。
09年12月 7日 トム・ウェイツ、60回目の誕生日。
10年 1月 日本公開される、テリー・ギリアム監督最新作
『Dr.パルナサスの鏡』にて、ウェイツのファン
としても著名なジョニー・デップと共演。
10年 3月10日 ワーナーミュージック・ジャパンより、
遂に名盤7枚が紙ジャケ&リマスター盤にて復刻! 世界初!!
76年、日本では来日記念盤と銘打たれた《スモール・チェンジ》。
その1曲目が、あの名曲〈トム・トラバーツ・ブルー ス〉だった。
1973年リリース《クロージング・タイム》
1974年リリース《土曜日の夜》
1975年リリース《娼婦たちの晩餐》
1976年リリース《スモール・チェンジ》
1977年リリース《異国の出来事》
1978年リリース《ブルー・ヴァレンタイン》
1980年リリース《ハートアタック・アンド・ヴァイン》
最新ライブ版ジャケット オーファンズ ベスト版ジャケット
Closing Time The Heart Of Saturday Night Nighthawks At The Diner
Small Change Foreign affairs Blue Valentine Heartattack And Vine

静かなるウェイツ・ブームの到来か!?

名曲再演
1977年 英国  ウェイツ27歳 
http://www.youtube.com/watch?v=XrkThaBWa5c&feature=related
2008年 米国  ウェイツ58歳 
http://www.youtube.com/watch?v=CU9dTgd0zCI&feature=related


伝説のベストセラー評伝『酔いどれ天使の唄』を新訳リミックスした、
最新決定版『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』好評発売中!!
担当編集者、城山から皆様へ

『トム・ウェイツ 酔いどれ天使の唄』1992年
『Mr.トム・ウェイツ』1997年
『トム・ウェイツ全曲解説』1999年
『トム・ウェイツ 俺に酔うなよ!』2001年
これまでトム・ウェイツ本を4冊編集担当してきました。
そして、今回の『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』が5冊目となります。

現在、書店にてほぼ唯一購入できるトム・ウェイツ本として、
おかげさまで画像&コメントのように書店様にも好評を得、
またメディアでも好意的な紹介をいただきました。

刊行直後の書店売場風景
※画像下の店名をクリックすると、コメントが読めます。
パリ・ジュンク堂 パリ・ジュンク堂 パリ・ジュンク堂 リブロ池袋本店
リブロ池袋本店
紙メディア露出 ※紙誌名をクリックすると各紹介文が読めます。

『サンデー毎日』 の新刊案内にて紹介
『産経新聞朝刊』 書評欄の「旬を読む」にて、女流義太夫三味線の鶴澤寛也氏により紹介
『CDジャーナル』 書評欄にて、音楽評論家の大鷹俊一氏が絶賛
『ゴーギャン』 開高健氏の新刊とともに紹介
『THE DIG』 情報コーナーにて紹介
『レコード・コレクターズ』 書評欄にて、サエキけんぞう氏が寸評
季刊誌『真夜中』 本書の訳者でもある金原瑞人氏がトム・ウェイツに関するエッセイを寄稿
『月刊プレイボーイ』 最新情報にて紹介
『エスクァイア』 ブックレビューにて紹介
『ミュージック・マガジン』 新刊ひとくちメモにて紹介
フリーペーパー『The Walker's 』 にて1頁紹介
『Beat Sound』 書評欄にて、音楽評論家の天辰保文氏が好評
パリ・ジュンク堂の『JUNKUクラブ』 にて紹介

評伝の刊行がきっかけとなり、“アイランド3部作”紙ジャケ&リマスター盤がリリース

2008年10月22日、アイランド3部作+ライヴ・アルバムの紙ジャケ・リマスター盤が出ました。これらのリリースに少なからず寄与したのが『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』でした。

出版を間近にした2008年春、ユニバーサル・ミュージックを訪ね、『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』の刊行に際し、ぜひ“アイランド3部作”の紙ジャケ・リマスター盤の実現をトム・ウェイツの担当者にお願いしました。

同日、ワーナーミュージック・ジャパンにも足を運び、アサイラム時代のカタログの紙ジャケ・リマスター盤の実現を同じく担当者にお願いしました。いずれも、トム・ウェイツ側の許可がおりない限り、運ばない話ゆえ、可能性はそう高くないように思われました。

しばらくのち、評伝『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』は無事出版することができ、販促活動に奔走する毎日。そんな夏のある日、ユニバーサルから連絡がありました。“アイランド3部作”にライヴ・アルバム《ビッグ・タイム》を加えた4枚の、日本独自制作によるリマスター盤の許諾がトム・ウェイツ・サイドからようやくおりた、と。そして、アルバム4枚に共通のライナー序文を書かせていただくことになりました。

アサイラム時代の新仕様リリースは2009年以降に持ちこされたものの、熱心なウェイツ・ファンにとって“アイランド3部作”のリマスタリング&紙ジャケ仕様のリリースは、念願のひとつだったのではないでしょうか。

しかもマスター・クオリティに限りなく近づいたことを売りにしている最新のSHM(Super High Material)-CDでの発売。SHM-CDはユニバーサル・ミュージックと日本ビクターの商標とのことですが、音圧も音質も向上した効能の加減は皆様の耳で直接確かめていただくとして、“アイランド3部作”の各オリジナル盤がリリースされた時期のトム・ウェイツの発言を『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』から紹介することにします(ジャケット写真は、最新の紙ジャケより)。

【ソードフィッシュトロンボーン】



・アルバム・タイトルについて
「生臭い楽器かもしれないし、うるさい音を出す魚かもしれない」
・サウンドについて
「頭のなかで鳴ってるノイズに耳を傾けて、廃品置き場のがらくたでオーケストラを編成してでたらめな演奏をさせたものだ」
・音の冒険を支持してくれた妻について
「キャスリーンは励ましてくれた。びっくりハウスの鏡に曲を映して、ハンマーで思い切り叩きわれってさ」
・その後、3部作へと発展していく起点となった楽曲について
「〈ワイルドなフランクの話〉みたいな曲はよくできてると思う。でも物語ってやつはときに露骨になりすぎて、勝手にひとり歩きしてしまう。おれはもっと見晴らしのいい場所にいって、言葉を簡潔にして自分が言いたいことをはっきりさせるべきか、それとも描写を曖昧にして、音楽の力で聴衆を自分のいきたいところまで引っぱっていったほうがいいのか、見極めようとしてるんだ」


【レイン・ドッグ】



・アルバム・タイトルについて
「ロウワー・マンハッタン以外じゃほとんど見られない現象なんだけど、激しい雨が降ったあとは、犬がやたらと目につく。雨でやつらの通り道が全部水に沈んで、ねぐらに帰れなくなるらしい」
・音の響きや感触について
「おれが一番大事にしてるのは、音の質感だ。ざらざらした音や、ちょっとぼやけたような音がいい。きれいな音は好きじゃない。うっすらノイズがかぶさったような音が最高さ」


【フランクス・ワイルド・イヤーズ】



・ウェイツ夫妻が書きおろしたミュージカル劇のアルバム化だったが、“物語”について
「これは小さな町で生まれ、富と名声を求めて旅立つ男の物語だ。だがフランクは次々に罠にはまってしまう。成功者になんかなれっこない。舞台は、フランクがイーストセントルイスの公園のベンチにすわってるシーンから始まる。しょぼくれて、金もなく、凍えそうなフランクは、やがて夢のなかで時間をさかのぼって、出発点のバーに舞いもどっていくんだ」
・拡声器について
「おれは29ドル95セントで買った拡声器をマイク代わりにしてうたってた。1度ああいう小道具を使うと、もうブレーキがきかなくなるんだ」

これらのコメントから20年以上経た2008年、パリで観たウェイツは、未だ拡声器を“武器”に、オーディエンスを熱狂させていました。この時のライヴについては、上のバナー“巴里の空の下トム・トラバーツ・ブルースは流れる”に譲ることにします。

ベストセラー『トム・ウェイツ 酔いどれ天使の唄』を核にしながらも、リマスターではなく“リミックス”が細部にわたってほどこされ、さらに2006年までの厖大な新規原稿が足されて生まれ変わった最新評伝『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』には、上記紹介したコメントをはじめ、興味深い“ウェイツ語録”が満載です。そして、その評伝の最後を締めくくる問答が、とてもウェイツ的だといえます。
「どんなふうに死にたいですか」と問われたウェイツ曰く、
「そもそも、死にたいなんて思わないね」

そんなトム・ウェイツの“人間”を読まずして死ねるか、ということで、『素面の、酔いどれ天使』に騙されたと思って騙されてみてください。

公式携帯サイト
http://www.toho-pub.com/sp/
URLを携帯に送る
INFORMATION
関連サイト
デジタルビュー
デジタルビュー
出版三者(書店・取次・出版社)と大手ポータルサイトが連携する新しいビジネススタイルの構築をお手伝いする、小社の関連協力会社です。
※例えば
 >>>こんなことをやっています
※当サイトに掲載している全ての文章・画像などについて、無断で転記・転用することを禁止します。