PR書籍

商品検索
書籍一覧(発売年別)
書籍カテゴリ
KAMINOGE vol.19 1,028円
201306C11397

傷だらけの天使たち!!
“The Show Must Go On”(それでもショーは続く──!)

[INTERVIEW]
■武藤敬司×小橋建太
“傷だらけの天使たち”
攻めと守り/闘魂三銃士と四天王/馬場と猪木/引退と続行。

「じつはさ……俺、さっき全日本を辞めてきたんだよ」
「ええっ!? いや、あの、どういうことですか……?」

■獣神サンダー・ライガー[リフォーム依頼者]
なんということでしょう!! 劇的な変貌を遂げた新日本プロレス合宿所に初潜入!
あの“リア獣”が快適空間で怪気炎!!!

「このあいだ菅林社長にモロに言われましたよ。
『やっぱり改築したんだからさ、それなりに値段を上げないとねえ』って。
勘弁してくださいよっ! 俺はもう福岡に帰りたくないっっ!!」

■苫米地英人[世界が恐れるIQドクター] ×中島知子[帰ってきた占い好き]
“そうだったのか! 中島知子洗脳騒動”FINAL!
ついにご本人が『KAMINOGE』に登場! !

「ある人に『どうしてこんなに大きい話になったんですか?』って聞いたら、
『それは中島さんがおかしくなったっていう設定のほうがおもしろいからですよ』って……」

■田村潔司
謎の沈黙を保ち続ける“赤いパンツの頑固者”も、格闘人生25周年!
第2次UWF新弟子1期生/盟友の死/UWF三派分裂/プロレス・格闘技観を語る[前編]

「格闘技は誰でもできる。プロレスもヘンな話、誰でもできる。
だけどUWFは……こんなことにこだわりすぎるから俺は孤独になるんだけど」

■スペシャル維新コラム アントニオ猪木
「猪木の夜明けは毎日やってくる」

■佐竹雅昭[平成武師道・総長]
10年ぶりのご無沙汰ブリーフ! いま怪獣王子がふたたび『闘志天翔』を鳴らすとき。
引退後に寡黙にまい進してきた「精神文化の追求」とは何か?

「昔、感銘を受けた大山倍達先生の本を改めて読むと、現代にも通じることばかりが書かれているわけですよ。
そういう武士道イズム、大山イズムがずっと自分の精神にも蓄積されていたんです」

8・17DDT両国「DPGvsBiS・対バン抗争」とは何か?

■劔樹人[音楽プロデューサー]
元「神聖かまってちゃん」マネージャーが、そのボンクラ人生を振り返る!
DDT両国大会参戦への、そして己の人生への決意表明を激白!

「一回バンドから逃げたことで、『自分はもう世に出られない』と思ってたんですけどね。
結局は自分の人間性を認められることで取り返していくしかないかなって」

■プー・ルイ[新生アイドル研究会BiS] with 渡辺淳之介[BiSマネージャー]
これまで数々の騒動を巻き起こしてきたアイドル界の異端児と、その“過激な仕掛け人”がついにマット界にも乱入!
この異種接近遭遇はプロレス界に何をもたらすのか!?

「以前、PVの中でメンバーをムエタイの人と闘わせようと思ったことがあって。
『極限にいないと、見てる人を感動させられないんじゃないかな?』とは常に思ってますね」

[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎「“幻の金メダリスト谷津嘉章”変態座談会」IN『ホルモン焼 壱鉄』
目ぇつぶって修行4カ月で焼肉屋をオープン! オリャ! 今宵も“大人な荒武者”が言いたい放談!!

■新連載スタート!
★『鈴木みのるのふたりごと』

■今月もFAXテロ被弾!!!
★木谷さんのFAX通信

[ILLUSTRATION]
★五木田智央の『画画画報』

[MOONSAULT PRESS COLUMNS]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★古泉智浩 『客観的判断』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』 
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』
【ISBNコード】978-4-8094-1139-7 C0075
【著者】KAMINOGE編集部/編
【価格】本体価格952円+税
【発売】2013年6月下旬
【仕様】A5判/160頁


2013年7月 8日 月曜日 情報更新。

レビューを読む

公式携帯サイト
http://www.toho-pub.com/sp/
URLを携帯に送る
INFORMATION
関連サイト
デジタルビュー
デジタルビュー
出版三者(書店・取次・出版社)と大手ポータルサイトが連携する新しいビジネススタイルの構築をお手伝いする、小社の関連協力会社です。
※例えば
 >>>こんなことをやっています
※当サイトに掲載している全ての文章・画像などについて、無断で転記・転用することを禁止します。