PR書籍

商品検索
書籍一覧(発売年別)
書籍カテゴリ
昭和兄弟模様 1,575円
201011A09028

梶原一騎、真樹日佐夫という、二人の強大な兄がいた――。
彼らの家族として生まれたのは、たまたまの運命だった。
昭和という時代を駆け抜けた高森一家の末弟の視線とは?

「私ら兄弟が朝樹と真土、真土と私、と真土を片方に置いた相互に没交渉な二つの世界をもつようになったのは、上と下との年齢差がもたらす必然でもあったろうが、そればかりではなかった。私は、あたかも物心のつく前後久しきにわたって長兄を見ることがなかった、このブランクが大きかったように思う。それに十六になって家族の一員に復した彼は、私の記憶にある面影とは似もつかぬ変りようをとげていた」(本文より抜粋)

◆ 著者プロフィール
高森日佐志(たかもり・ひさし)
昭和18(1943)年、東京に生れる。故梶原一騎、真樹日佐夫は実兄。バーテンダー、ルポライター、雑誌編集者などを経るかたわら、空手之道を修める。現在は国際音楽交流研究所において、国際クラシック音楽フェスティバルおよびコンクールの企画運営にたずさわる。著書に『蝮の裔の我は身なれば』など。神奈川県横浜市在住。
【ISBNコード】978-4-8094-0902-8 C0095
【著者】高森日佐志/著
【価格】税込定価1575円
【発売】2010年11月上旬
【仕様】四六判、並製、376頁


2010年11月11日 木曜日 情報更新。

レビューを読む

公式携帯サイト
http://www.toho-pub.com/sp/
URLを携帯に送る
INFORMATION
関連サイト
デジタルビュー
デジタルビュー
出版三者(書店・取次・出版社)と大手ポータルサイトが連携する新しいビジネススタイルの構築をお手伝いする、小社の関連協力会社です。
※例えば
 >>>こんなことをやっています
※当サイトに掲載している全ての文章・画像などについて、無断で転記・転用することを禁止します。