PR書籍

商品検索
書籍一覧(発売年別)
書籍カテゴリ
KAMINOGE vol.11 1,028円
201210C10796

「『KAMINOGE』の桜庭&柴田推しはなんなの?」
と中邑真輔が本誌をチクリ。
激化するプロレス領有権をめぐるコトバの対立。

そしてRINGSも仕掛けた!
12・16船木誠勝×ヴォルク・ハン決定!!

[INTERVIEW]
船木誠勝(全日本プロレス)
×
桜庭和志(Laughter7)
×
柴田勝頼(Laughter7)

“死闘”と“秒殺”、“受けの美学”と“攻めの美学”。
王道と最先端が交錯する。

「俺、いつも思うんだけど『プロレスラーは本音の言葉でしゃべれよ』って」(船木)

■中邑真輔(新日本プロレス)
溢れ出る本音の言葉!
孤独だった若手時代/暗黒期/昭和プロレス/桜庭&柴田参戦問題。

「要するに何が起こるかわからない殺伐とした雰囲気と
緊張感が欲しいんでしょ? それがおもしろいのも知ってるけど
結果的にはクオリティの低いプロレスになる」

■宮戸優光(U.W.F.スネークピットジャパン代表)
【上野毛の穴・緊急プロレスセミナー開講】
“Uインターの頭脳”が桜庭&柴田・新日本参戦問題を解読する。
MMAの強さとは違う、プロレスリングにおける強さとは何か?

「桜庭&柴田に対して『プロレスやれ!』なんて言っちゃった時点で
自分たちの無知をさらけ出しているようなもんなんだから」

■Wrestle-1 Column
『UWAI IS UWAI〜上井さんは上井さん〜』by 上井文彦 Fumi Uwai
「9・23新日本・神戸大会観戦記」

■苫米地英人(世界が恐れるIQドクター&お金持ち)
「格闘家が強くなりたかったら数学と音楽をやれ」からさらに新説を披露!!
今回は格闘家以外の我々も必見のお金の話。

「金持ちになりたかったらカネを使うのが上手になればいい。
ほかの人より上手になったら“俺にカネをよこせ”って言えるからさ」

■大谷ノブ彦(ダイノジ)×大井洋一(闘わされた放送作家)
大井洋一がアウトサイダーとの闘いにふたたび出陣!
女人禁制! インディーズ男子校の部室対談

「不良っていうのは“体制に逆らってるから不良”とかってことじゃなくて
なんかこう“価値感の多様化を認めてほしい”ってことですよね」

■飯伏幸太(DDT)×マッスル坂井(坂井精機)
“キラー飯伏”降臨に本誌・副編集長が大失態!!
「飯伏の素顔」に迫るはずが「坂井の過去の悪行」を暴露される!

「坂井さんがいなくなってからみんながプロレスを斜めから見なくなった。
そのおかげでDDTだけじゃなくプロレス界全体がガッと上がったんです」

■長州力(大変な革命戦士)
長州力vs“山本さん”、運命の対決第2ラウンド

「プロレスの話をしてもいいのかって?
そりゃあ俺がプロレスの話でもしないと山本さんも仕事にならないだろう!」(咳き込みながら爆笑)

■タイガー服部(新日本プロレス/レフェリー・海外渉外担当)
レスリングの猛者にしてロッポンギの猛獣使い!
ユー達はこの男の凄さを本当に知ってるかい?

「レスラーも社員もマスコミもみんなプロレスが大好きだろ?
こんなにおもしろい世界でみんなでハッピーになったらいいじゃない」

■五木田智央(画家)
猪木に憧れ、藤原喜明から“どっかん特待生”の称号をもらった少年は
いつの日か世界を股にかけて活躍をしていた──。

「NYで想像以上にウケてからガラッと意識が変わった。
苦しみながらの“でもやるんだよ”って感じでやってると
やっぱなんかが降りてくるんだよ」

[KING OF COLUMNS]
“受け手の美学”炸裂コラム連載!!
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★古泉智浩 『客観的判断』
★プチ鹿島『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』 
★椎名基樹 『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』 


【ISBNコード】978-4-8094-1079-6
【著者】KAMINOGE編集部/著
【価格】本体価格952円+税
【発売】2012年10月下旬
【仕様】A5判


2012年10月17日 水曜日 情報更新。

レビューを読む

公式携帯サイト
http://www.toho-pub.com/sp/
URLを携帯に送る
INFORMATION
関連サイト
デジタルビュー
デジタルビュー
出版三者(書店・取次・出版社)と大手ポータルサイトが連携する新しいビジネススタイルの構築をお手伝いする、小社の関連協力会社です。
※例えば
 >>>こんなことをやっています
※当サイトに掲載している全ての文章・画像などについて、無断で転記・転用することを禁止します。